赤ちゃん、子どもの子育て・育児ブログ。ベビー服、イヤイヤ期の実体験を元にした対処法、ベビーグッズの口コミなどをご紹介!

ボディスーツの組合せ・着せ方は?絶対かわいいコーディネート術!

公開日:2015年6月24日   

ボディスーツ肌着
赤ちゃんの首がすわってくる生後3ヶ月頃になると、頭からかぶせるタイプのボディスーツが着られるようになります。
前ボタンが付いているタイプもあり、ボタン式のものは赤ちゃんの首がすわる前でも着せやすいです。

ボディースーツ肌着は、短肌着や長肌着などに比べ、デザイン性がありかわいいものがたくさん。
暑い日はボディスーツだけで過ごすこともできます。

ボディスーツの特徴

ボディスーツ<img src=” width=”600″ height=”400″ class=”aligncenter size-full wp-image-12932″ />
ボディースーツは、その名のとおり体にピッタリとフィットする肌着。
赤ちゃんの頃にしかきれない肌着なので、その瞬間だけのかわいいコーディネイトを楽しみたいですね。

でも、ボディスーツって、どんなものを言うのかよくわからないママもいると思います。
コーディネート術の前に、その特徴を少しご紹介します。

足部分にすそがない

bodymata
足の部分にすそがないので動きやすくなっています。

赤ちゃんが足をバタバタと動かしてもその動きを妨げないので、首がすわる3ヶ月をすぎると、ボディースーツ肌着を着用している赤ちゃんが多いです。
我が家は90サイズまで、ボディスーツ肌着を着ていました。

股の部分をスナップで止めているので、赤ちゃんが激しく動いても服がめくれず、お腹が出ません。

かぶり式ボディスーツ

kaburisikibody
ボディスーツは、頭からかぶせるタイプのものが多く出ています。
赤ちゃんの首がすわってきたら、かぶり式ボディスーツを着せられます。

かぶり式だけでなく、前にボタンが付いているタイプのものもあります。
前ボタンタイプは、赤ちゃんの首がすわる前でも着せて大丈夫です。

スナップ(ボタン)

body_snap
股の部分はスナップになっていて、おむつ替えがしやすくなっています。

かぶり式ボディスーツに比べて着せやすいのですが、ボタンが痛いようで、うつ伏せになるのを嫌がる赤ちゃんもいます。

ボディスーツの着せ方

ボディスーツ
かぶり式のボディスーツは赤ちゃんの首がすわる3ヶ月頃から着せられます。

赤ちゃんの動きが活発になってきて、うつぶせになることが増えたら、胸の部分が痛くないかぶり式のボディスーツがおすすめです。

point

我が家では、短肌着を5ヶ月頃まで使っていたら、うつ伏せを嫌がって寝返りをしてくれませんでした。
6ヶ月になって、かぶり式のボディスーツに変えたら、うつ伏せを嫌がらなくなり寝返りもできるようになりました。

その後、2週間でつたい歩きまでできたので、体の機能はできていたけど、お腹が痛くて寝返りをしなかったのかなと思っています。
寝返りをしない赤ちゃんは、着ている服が寝返りするのをじゃましていないか確認してみてくださいね。

組み合わせ方

ボディスーツは、肌着だけでなく、かわいいものが多いので1枚で着ることもできます。

基本的な組み合わせは「ボディスーツ肌着+ロンパース」や、
3monthskumiawase2

ボディスーツ肌着+セパレート(上下が分かれているもの)」があります。
6monthskumiawase
※セパレートはおすわりができるようになってからの方が着せやすいです。

ボディースーツは、何歳まで着せられる?

ボディスーツ肌着何歳まで
赤ちゃんが着られる60サイズから、2〜3歳まで着られる100サイズのものもあります。
動いてもお腹が出ないので、夜寝るときは安心です。
何歳まで着せるという決まりはありませんので、サイズがあればボディスーツ肌着を着せてあげて大丈夫です。

ただ、トイレトレーニングが始まってくると、すぐに脱がせられる肌着のほうが便利になってきます。

ボディスーツ肌着のスナップを外して、トイレに連れて行ったけど出ない。
またスナップを付けて……。

という作業はとても面倒だし、スナップを付けたり外したりする作業を子どもが嫌がって、ママのほうがトイレトレーニングに挫折してしまうことも。

トイレトレーニングは、子どもが嫌がらないようにサッと脱がせてあげるということが重要です。
そうなってくると、日中のボディスーツ肌着は卒業してしまったほうが楽なのかなと思います。

トイレトレーニングをしない夜間は、お腹が出ないようにボディスーツ肌着にすると安心です。
暑い夏の夜は、ボディスーツ肌着1枚で過ごすこともできます。

組み合わせ・コーディネート

ボディスーツの組み合わせや、コーディネートってどうするのか分からないママは多いと思います。
私も初めて見たときは「これは……どうやって着るんだ!?」と悩みました。

ボディースーツ1枚でもかわいいのですが、+αの着こなし方をご紹介します。

ボディスーツ+レッグウォーマー

ボディスーツ+レッグウォーマー
定番は、ボディスーツ+レッグウォーマーの組み合わせです。
レッグウォーマーは男の子、女の子どちらの赤ちゃんにもはかせられるベーシックなスタイル!

タイツの上に履かせて防寒にもなるし、ハイハイの頃は膝をカバーしてくれます。
歩き出すと子どもはよく転ぶので、ケガから足を守ってくれます。

おむつ替えのときは、タイツのように脱がせなくても替えられるので楽ちんです。
レッグウォーマーは長く使えるので、とっても便利。
2歳になった小河童ちゃんも、赤ちゃんの頃に買ったレッグウォーマーを愛用しています。

ボディスーツ+ブルマ・かぼちゃパンツ

ブルマ

【MARLMARL マールマール】 ベビーブルマ
ふわふわ素材で女の子らしさUP!!
男の子でも着られるブルマも販売されています。

ボディスーツは体にフィットしているので、ちょっと大きめのふわっとしたブルマをはかせると、とってもキュート!

ボディスーツ+ブルマ・かぼちゃパンツ
ブルマというと女の子のイメージですが、男の子にもはかせられるかぼちゃパンツもあります。
ふわふわしていない素材のかぼちゃのパンツなら、男の子がはいててもかわいいですよ。

ボディスーツ+スカート

タイトなボディスーツにふんわりスカートを合わせると、とってもキュート!
寒いときは、タイツやレッグウォーマーを合わせてあげましょう。

ボディスーツ+ワンピース

ボディスーツ+ワンピース
ワンピースの下にボディースーツを合わせて着ます。
スカートの下からチラッと見えるボディスーツがかわいい!

ワンピースにスパッツやかぼちゃのパンツ、レッグウォーマーを合わせてもかわいいです。

ずきん

ずきん
完全におふざけですが……ボディスーツずきん!

スポッとハマったお顔がかわいい。
2歳になった小河童ちゃんは、自分で服をずきんかぶりにして、大爆笑しています。
かぶり式ボディスーツを着せようとすると、頭で引っかかってこんな感じによくなります。

ボディスーツの着せ方、組合せ方・コーディネートまとめ

ボディスーツは、どうやって着せるのか悩んでしまうママも多いと思います。
私も初めは「どう着せればいいんだ……」と悩んで、ボディースーツを避けていました。

ボディースーツが着られるのは、赤ちゃん時代だけ。
今のうちに、たくさん着せてあげましょう。
コーディネートも、赤ちゃんだからこそできるかわいい着こなしがたくさん!

「こう組み合わせないといけない」という決まりもないので、ママのセンスでかわいくコーディネートしてあげてくださいね。
私自身はシンプルに、ボディスーツだけ着せるのが好きです^^

カーターズ ボディスーツ 長袖 半袖
人気の海外ブランド「カーターズ」!
かわいくて安いベビー服がそろっています。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

error: Content is protected !!