赤ちゃん、子どもの子育て・育児ブログ。ベビー服、イヤイヤ期の実体験を元にした対処法、ベビーグッズの口コミなどをご紹介!

赤ちゃんの熱中症対策!知っておきたいサイン・症状、6つの予防方法

公開日:2015年7月28日   

夏
近年は、猛暑日が続き、熱中症で亡くなられたという報道を耳にするようになりました。
赤ちゃんの場合は、体温調整が未熟なため、気温が30℃を超えると熱中症の危険があります。

暑い夏の日は、無理をさせることなく、エアコンを付けて暑さ対策をしてください。

熱中症ってなに?

脱水

気温が高く湿度が高い場所で起こりやすくなります。

体の水分や塩分のバランスが崩れると、体温調整機能がうまく働かなくなり、意識障害や最悪の場合は死にいたる恐れがあります。
熱中症は予防することができ、発症しても治療法を知っておけば、命を救うこともできる病です。

赤ちゃんや子どもは、汗をかく機能が不十分なので体に熱がたまって体温が上昇しやすいので、大人よりも熱中症になる危険があります。
熱中症は暑い屋外だけでなく、室内でなることもありますので注意が必要です。

熱中症のサイン

熱中症

  • 顔が赤く、さわると熱をもっている
  • 不機嫌でぐずる
  • 汗が出ていない
  • 顔色が青く、ぐったりとしている
  • 呼吸が荒く、苦しそうにしている

赤ちゃんは喉が渇いたり、暑くても言葉で伝えることができません。
パパやママが、赤ちゃんの様子を気にかけてあげることが大切です。

水分が不足すると、脱水症になる恐れがありますので、こまめに水分を補給しましょう。

6つの熱中症予防と対策

水分補給
熱中症の予防と対策は、どのようにすればいいのでしょうか。

水分補給をしっかりと!

離乳食前の赤ちゃんなら、母乳を飲ませてあげましょう。
水分補給として、母乳を与えているのであれば、果汁や麦茶を飲ませなくても大丈夫。

離乳食が始まっている赤ちゃんは、白湯、果汁や麦茶で水分補給をします。
汗をたくさんかいているときは、赤ちゃん用のイオン飲料を与えると、汗で失われた成分を素早く吸収してくれます。
ですが、イオン飲料は甘いので、飲み過ぎに注意しましょう。

室内での熱中症に注意!

熱中症は外だけではなく、室内でもなる危険があります。
近年は、室内での熱中症のニュースをよく目にすると思います。

暑い夏の日は、無理することなくエアコンを付けるようにしましょう。
赤ちゃんが快適に過ごせる温度は26度〜28度、湿度は40%〜60%です。


湿度が高いと熱中症になる危険があるので、気温だけではなく湿度にも注意してください。
扇風機や遮光カーテン、すだれなどを使って温度が上がりにくい環境をつくっておきましょう。

外出するときの対策

出かけるときは、10時〜14時の最も暑い時間帯は避け、朝や夕方に出かけるようにします。

ベビーカーは低い位置にあるので、地面からの照り返しで大人が感じるよりも暑くなっています。
ベビーカー用の冷却シートや日よけでしっかりと暑さ対策をとり、こまめな水分補給をして赤ちゃんの様子をこまめに確認するようにしましょう。

涼しい服装をする

赤ちゃんは、暑くても自分で脱ぎ着るすることができません。
通気性のいい服を着せ、汗をかいていないか背中や首まわりを確認してあげましょう。

汗はこまめに拭いて、暑いようならエアコンを付けるか薄手の服に着替えさせてください。
ノースリーブは肩を冷やし、脇の汗を吸い取ってくれないのであまりおすすめできません。

外にでるときは、帽子や日傘、ベビーカーの日よけなどで直射日光が当たらないように気をつけます。

赤ちゃんに無理をさせない

赤ちゃんは、大人みたいに体力がありません。
寝不足や疲れが熱中症を引き起こす原因になります。
移動中はこまめに日陰で休息をとり、水分補給をしっかりととってください。

ママも疲れがたまっていると熱中症になってしまう恐れがあるので、日中は無理をしないようにしてくださいね。

赤ちゃんを車に放置しない

「ちょっとの間だから」「エアコンつけていれば大丈夫かな」その考えが、赤ちゃんを熱中症の危険にさらします。
買い物から帰って車をあけると、熱気でシートも焼けるように暑いという経験をしたことがありませんか?

そんな危険な場所に、赤ちゃんを置いていくなんて言語道断です。
ちょっとの間でも、絶対に赤ちゃんを車に放置しないでください。

熱中症になったらどうケアすればいい?

熱中症のケア

もし「赤ちゃんが熱中症かな」と思われるよう症状が出ていれば、すぐに処置してあげます。
水が飲めなくなったり、呼吸が弱くなったり、けいれんや意識がなくなった場合はすぐに病院へ連れて行ってください。

  1. 涼しい場所に移動する
  2. 服を脱がせ、水や氷で体を冷やす(首の横、わきの下、足の付け根など太い血管がある部分)
  3. 水分や塩分を補給(イオン飲料がおすすめ)

赤ちゃんの熱中症対策まとめ

体温調整が未熟な赤ちゃんは、大人よりも熱中症にかかりやすくなっています。
室温や湿度にも気をつけて、赤ちゃんの様子をこまめに見るようにしてあげてください。

暑い時間帯(10:00〜15:00)の外出は避け、やむを得ず出かける場合は、保冷剤などを使って赤ちゃんが辛くない環境をつくってあげましょう。
夏の日の外出用に、ベビーカー用の日よけ、保冷シート、UVブランケットなどが販売されています。

外出時だけでなく、室内でも水分補給はこまめにするようにしてくださいね。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

error: Content is protected !!