赤ちゃん、子どもの子育て・育児ブログ。ベビー服、イヤイヤ期の実体験を元にした対処法、ベビーグッズの口コミなどをご紹介!

ティッシュケース付き移動ポケットの作り方!型紙なしで初心者も簡単

公開日:2018年3月24日   

移動ポケット
子どもの幼稚園では、ハンカチとティッシュをポケットに入れておかないといけません。
でも、女の子なのでポケットがない服もあるし……ということで、入園グッズを作ったときの余り布で「移動ポケット」を手づくりしてみました。

ティッシュとハンカチが入る移動ポケット
私が持っているティッシュケースを参考に、ポケットティッシュの取り出し口付きで、ハンカチも入れらる移動ポケットにしました。

用意する材料・布のサイズ

布のサイズ
裏地にミニーちゃんの生地を使うのがもったいなかったので、裏と表で生地を変えました。
裏地と表地が同じ生地でもかわいいですよ。お好みで。
移動ポケットクリップ
布以外に用意する材料は、移動ポケット用のクリップ。
名札用のクリップとして、100均でも販売されています。

ポケットバッグ ディズニーバンドクリップ 移動ポケット
移動ポケットのクリップは、楽天やAmazonでも販売されています。
ディズニー柄がかわいい!

用意する布のサイズ

布はミニーちゃんを(表)、リボンを(裏)とします。

  • (表)8cm×15cm
  • (表)27cm×15cm
  • (裏)4cm×15cm
  • (裏)30cm×15cm

すべて縫い代込みのサイズ。
クリップを止める部分
裏地の一番小さいサイズのものは、クリップを止める部分になります。
表地を使用しても大丈夫です。

移動ポケットのつくり方

移動ポケットを手づくりするときは、アイロンを使って折り目をしっかりとつくっておくのがキレイに仕上がるコツ。
ポケットティッシュがピッタリに入るサイズでつくっていますので、ちょっと面倒に思えるかもしれませんが、ていねいにつくっていきましょう。

クリップをつける部分をつくる

まず使うのは、一番小さな(裏)4cm×15cmの布。
アイロンをかけながら折っていく
アイロンを使って半分にして折り目をつけます。
折り目にそって、両端を内側に折り込んでアイロンがけ。
さらに半分におる
両端を内側に折り込んだら半分に折って、端から2mmの位置にミシンをかけてひも状にします。
表布にひもをつける
移動ポケットクリップを付ける用のひもができたら、一番大きな表布(表)28cm×15cmに縫い付けます。
ふたになる方の端から11cmの位置。
柄に向きがある場合は上下の柄に注意してくださいね。
移動ポケットクリップひも
ひもの縫い目の部分を上にしておくと、完成したときに下側にくるので見た目がキレイです。

4箇所をぬう
縫い付けるのは、全部で4ヶ所。
両端から5mmと、真ん中から3cmずつの位置をミシンで縫います。

ポケットティッシュ取り出し口を縫う

ティッシュ取り出し口の上下を確認する
ポケットティッシュの取り出し口を縫うときは、柄の向きがある生地は上下を確認しながらやってください。
使用する生地は、(表)8cm×15cmと(表)28cm×15cm。

ティッシュ取り出し口を縫う
1cmのところで折ってアイロンをかけたら、もういちど1cmで折ってアイロンをかけます。
2mmの位置でミシンをかけます。
もう片方の布も同じように、ティッシュ取り出し口を縫います。

表地と裏地を縫い合わせる①

表地と裏地を中表に合わせる
ティッシュ取り出し口の上の部分(小さい表地)と、裏地を柄どうしが合わさる「中表」にしてピッタリと重ね合わせます。
縫い代を1cmとり、ミシンをかけてください。
生地どうしをパカッと開く
アイロンをかけながら、生地どうしをパカッと開きます。
これをしておくと、キレイに折り目がつけられます。
折り曲げる
表地を内側に倒して折ったら、アイロンをかけておきます。

表地と裏地に折り目を付ける

生地どうしを重ね合わせる前に準備として、それぞれの生地にアイロンで折り目をつけます。
5.5cmのところにアイロン
表地は、ティッシュ取り出し口のところから5.5cmのところで谷折り。
折り目がついたら開いておきます。
9cmのところにアイロン
ティッシュ取り出し口と縫い合わせた裏地は、縫い合わせた部分から9cmの長さのところで谷折りにします。
こちらは折り曲げたまま。

表地と裏地の重ねかた

表地と裏地を重ね合わせる
先ほどアイロンで折り目をつけた部分が同じ位置になるように、表地と裏地を重ね合わせます。
ティッシュ取り出し口
ティッシュ取り出し口は、裏地と縫い合わせたほうが上になるように表地を差し込みます。
上布と下布が1cm重なり合うようになります。
折り目をつけたところで折る
表地の折り目をつけた部分で折り返します。
表地と裏地の重ね方
ペラっとめくると、こんな感じ。
裏地と表地が中表になっています。

表地と裏地の縫い合わせかた

コの字型に縫い合わせる
マチ針で裏地と表地を止めたら、縫い合わせます。
縫い代を1cmとり、「コの字型」に縫います。
折り曲げて重ねた部分をあけておきます。
4隅をカット
4隅をカットしておくと、仕上がりがキレイになります。
ミシンで縫った部分を切らないように、写真のようにカットしましょう。

布端をジグザグ縫い

ジグザグ縫い
布の端がほつれてしまうのが気になる人は、裏地と表地を揃うようにカットしてからジグザグ縫いで処理します。
これは、やってもやらなくても大丈夫。
私は糸がほつれるのが気になるので、ジグザグ縫いしています。

表にひっくり返す

表にひっくり返す
コの字型に縫っていない部分から、布をひっくり返して表にします。
端っこは指を入れる
端っこは指を入れて整えます。
完成
形を整えるとこんな感じになります。

移動ポケット用クリップを付ける

移動ポケット用のクリップを付ける
最後に移動ポケット用のクリップを両端につけたら完成!

ミニーちゃんの生地

今回使用したミニーちゃんの生地は、楽天市場やAmazonで購入できます。
入園が近くなる2月、3月になると、人気のディズニーの生地は店頭で売り切れてしまうことがあります。
そんなときは、楽天からの購入が便利です。

ミニーマウス2018ハートの窓 ピンク【ディズニー】
楽天市場なら、ミニーちゃん以外にもディズニーのかわいい生地がたくさん!
子どもが大好きなキャラクターの生地を探してみてくださいね。

ティッシュケース付き「移動ポケット」まとめ

ハンカチ入れ
ハンカチはポケット部分に入ります。
ティッシュ
ティッシュは取り出し口から簡単に取り出せます。
完成品
フタ部分にマジックテープなどをつけていないので、ピラピラとめくれてしまわないか心配でしたが、腰に付けるとピタッとなるのでじゃまにはなりませんでした。
マジックテープをつけないことで取り出しやすく、洋服のレースに引っかかることもないのでつけなくて正解!

ちょっと工程が複雑そうに思えますが、縫う部分が少ないので意外と簡単につくれちゃいます。
3歳の小河童ちゃんが付けてもあそびのじゃまにならず、付けているのを忘れてしまうくらいフィットしています。

子どもはポケットが大好き。
ハンカチだけでなく、小さなおもちゃやお菓子、いろんなものが入れられますので、きっとよろこんでくれると思いますよ。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

error: Content is protected !!