赤ちゃん、子どもの子育て・育児ブログ。ベビー服、イヤイヤ期の実体験を元にした対処法、ベビーグッズの口コミなどをご紹介!

人を叩いたり髪を引っ張る1歳児の対処方法とその原因【保育士カッバーバの知恵袋】

公開日:2015年11月27日   


小河童ちゃんは好奇心旺盛なのか、人が大好き。公園で道行く人に手を振って「おーい」とあいさつをします。
子育て支援センターや、赤ちゃんや子どもたちが集まる子育て支援会場でも「おーい」と近寄っていきます。ですが、赤ちゃんや子どもに対しては髪を引っ張ったり、叩いたりするのです。

赤ちゃんのころは力加減がわからないからか、思いっきり引っ張ったり、つねったりしていましたが、それはだいぶ落ち着いてきました。
1歳になった今は、頭をたたきます。おもちゃでゴンッと叩いてしまうこともありました。

小河童ちゃんは叩かれても、顔を思いっきり引っ張られても、ちょっとやそっとじゃ動じません。
むしろ楽しそうに近寄っていきます。

泣かせてしまって申し訳ない気持ちで、どうしたものかと悩んでいました。
ほかの子を見ても叩いたり、髪を引っ張る子はいないので育て方が悪いのか、なにかの病気なのか。

どうすればいいのか困り果て、保育園の園長先生であるカッバーバに相談しました。

カッバーバ

カッバーバ

カッバーバ
ベテラン保育士。保育園の園長先生を勤め上げ、定年後も「子どもが好きだから」と、別の保育園で園長先生をしています。
息子よりも、嫁を大事にしてくれているバーバです。

人を叩いたり、髪を引っ張るの原因は?

人を叩く

カッバーバ

カッバーバ

そんなの気にしなくていいよ〜!! 小河童ちゃんは、人が好きなんだね。

河童子の吹き出し

えっ!? 人が好きだと叩くんですか? それって、大丈夫なんでしょうか。

カッバーバ

カッバーバ

言葉で「あそぼう」と言えないから、つい手が出てしまうだけ。1歳〜2歳の子は、まだしゃべれないから手が出てしまうことは多いよ。

保育園には引っかいたり、噛んだりする子もいるから。小河童ちゃんは体力があるんじゃないかな? だから力が強くて、泣かせてしまうのかもしれないね。

河童子の吹き出し

そうなんですね。引っ掻いたり、噛んだりはしないけど、叩きグセは治るんでしょうか。

カッバーバ

カッバーバ

言葉が喋れる2歳くらいになると減ってくるから心配しなくても大丈夫!

2歳って、あと半年以上もあります。それまではどう対処していけばいいのでしょうか。

↓その後、噛みグセが出てきてしまったので、カッバーバに相談しました。

人を叩いたり、髪を引っ張ったときはどう対処すればいい?

人を叩いたり、髪を引っ張ったときはどうすればいい?

カッバーバ

カッバーバ

ママが代わりに謝って、人を叩いたり、髪を引っ張ったりすることはダメなことなんだと分からせる。お友達に「ごめんね」と言って、謝っている姿を見せてあげて。

河童子の吹き出し

すでに、謝りっぱなしで、とにかく辛いんです。

カッバーバ

カッバーバ

ずっと謝りっぱなしでママが辛いんだったら、保育園に預けてみるのもひとつの方法かもしれないね。

河童子の吹き出し

そうですね、一時保育に預けるのも検討してみます。でも、毎日預けられるわけではないので、私にもできる対処法があれば教えてください。

カッバーバ

カッバーバ

叩いたり、髪の毛を引っ張ったりするのは、あそびの中でそういうのを取り入れてみたら? たとえば、タオルを持って引っ張りあったり、楽器を叩いてみたり。叩いたり、引っ張ったりすることに興味があるのかもしれないよ。

河童子の吹き出し

なるほど! 叩いたり、引っ張ったりするようなあそびはしていないので、あそびの中に取り入れてみたいと思います。

カッバーバ

カッバーバ

1歳、2歳の子どもは、言葉で気持ちを伝えられないから、ママが気持ちを言葉に出して代弁してあげると気持ちが満足するから試してみて。

今まで注意してばかりで、小河童ちゃんの気持ちを考えることをしていなかった気がします。
これからは、ちゃんと小河童ちゃんの気持ちにも寄り添ってあげようと思います。

人を叩いたり、髪を引っ張る1歳児の対処方法とその原因まとめ

友達
1歳〜2歳の子はしゃべれないから手が出てしまう。しゃべれるようになれば、叩いたり、髪を引っ張ったりしなくなるから大丈夫ということを聞けて安心しました。
保育園で子どもたちを見続けているカッバーバの言葉には説得力があります。保育園では日常茶飯事で、ママにもそのことについて理解を求めているようです。

同じように叩いたり、髪を引っ張ったりして、お友達を泣かせてしまう子とは分かり合えるのか仲よくあそんでいます。人が好きで仲よくしたいけど、言葉で言えないもどかしさから叩いたり、髪を引っ張ったりして気を引かせようとしているんでしょうね。

お友達を叩かないでいてくれると私も安心してあそばせられるので、お友達やそのママには謝りながら、叩いたり、髪を引っ張ったりしてはダメだということを伝え続けたいと思います。

人を叩いたり、髪を引っ張っていた小河童ちゃんのその後

言葉が出るようになってきた1歳7ヶ月くらいから、手が出ることはほとんどなくなりました。

「いっしょ(一緒)」という言葉を言えるようになって、一緒にあそびたいときは「手をつなぐ」ということを覚えてから、叩いたり、髪を引っ張ったりすることはなくなりました。暴力的な子どもだったわけではなく、人が好きで一緒にあそびたかっただけなんだなぁ。と、今になって思います。

もうすぐ2歳になる小河童ちゃんは、友達もたくさんできて活発な女の子に育ってくれています。

↓その後、噛みグセが出てきてしまったので、カッバーバに相談しました。


★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事