赤ちゃん、子どもの子育て・育児ブログ。ベビー服、イヤイヤ期の実体験を元にした対処法、ベビーグッズの口コミなどをご紹介!

パンパース卒業パンツを使った効果とおむつとの違い【3歳】

公開日:2017年8月21日   

パンパース卒業パンツ
3歳になっても、トイレトレーニングが進まない小河童ちゃん。
本当は部屋が汚れてもいいから、布パンツにしたいのですが、「ビチョビチョになるから嫌!」と言って履いてくれません。

紙おむつの方が楽だし、ビチョビチョにならないからいいみたいです。

そこで、紙おむつだと気持ち悪さを感じないからいけないのかなと思い、トレーニングパンツを買ってみました。
パンパースの紙おむつを使っていて「しまじろうパンツがいい!」と言うので、ムーニーのトレパンマンではなくパンパースの卒業パンツ。
実際に使ってみた口コミをご紹介します。

パンパース卒業パンツと紙おむつの違い

パンパース卒業パンツ
パンパースの卒業パンツのサイズは、Lサイズとビッグサイズが販売されています。
小河童ちゃんは3歳で13キロなので、Lサイズがよかったのですが、近所のスーパーに売っていなかったのでビッグサイズを購入しました。

  • Lサイズ……9〜14kg
  • ビッグサイズ……12kg〜22kg

パンパース卒業パンツの価格

「Amazon」の2018年6月時点での価格です。

サイズ 枚数 価格
Lサイズ 36枚 1,267円 (35円/枚)
ビッグサイズ 32枚 1,254円 (39円/枚)

普通の紙おむつと比べると、1枚あたりの金額が10円ほど高くなっています。

ムーニーのトレパンマンが1枚あたりLサイズで38円なので、トレパンマンよりもパンパースの卒業パンツの方がAmazonでは安いです。

Amazonファミリー会員の価格

Amazonファミリー会員の定期おトク便なら、紙おむつやおしりふきなどのベビー用品が15%割引!
お急ぎ便、お届け日指定便が無料で使い放題なので、1年間だけ入ってもOK。

Amazonファミリーの新規登録で、おむつに使える2,000円分のクーポンがもらえます
Amazonファミリー登録はこちら

おしっこが出て濡れると気持ち悪い

パンパースの紙おむつは、おしっこが出てもサラサラで気持ち悪くないみたお。
小河童ちゃんはおむつ替えを拒んで、モリッとした紙おむつを履き続けます。
気持ち悪くないんでしょうか。
濡れた感じがするシート
卒業パンツは「ぬれた感じがするシート」というのが使われていて、普通の紙おむつよりもぬれた感じがわかりやすくなっています。

パンパースの紙おむつは、おしっこをした後の不快感が少なく、表面を触ってみてもサラリとしてるのが特徴でした。
子どもが紙おむつの方が楽だと感じるのもわかります。

卒業パンツを履かせて、実際におしっこをした後のおむつを触ってみると、湿っているのがよくわかります。
ずーっとつけておくと気持ち悪そうです。

卒業パンツの厚み

紙おむつの厚み
卒業パンツは、普通の紙おむつに比べて薄くなっています。

サイズは、Lサイズからビッグサイズにしたので大きくなったのですが、薄いのでもっさりとはしていません。
体にフィットして動きやすそうです。

おしっこ吸収シート

卒業パンツが薄くなっているのは、これのせいかなと思うのですが、お尻の方の吸収シートが下の方しかありません。

おしっこ吸収シート後ろ
普通の紙おむつと比べてみると、今までお尻をすっぽりとカバーしてくれていたおしっこ吸収シートがないのでちょっと不安ですね。

おしっこ吸収シート
前面はしっかりとおしっこ吸収シートが付いています。
寝て過ごすわけではないので、前面がしっかりとしていれば大丈夫なのかな。
お尻の方からもれたらもれたで、紙おむつを嫌がるかもしれません。
いいトイレトレーニングになります。

しまじろうのおしっこライン

しまじろう
しまじろうは前面に付いているので、小河童ちゃんは前後を間違えることなく履けています。
おしっこライン
紙おむつに比べると、絵柄の色が薄くなっています。
おしっこラインは見えやすくなっているので、チェックがしやすいです。

パンパース卒業パンツを使った口コミ

おしっこ3回分吸収
卒業パンツを買って、ちょっと不安だったのが「おしっこ3回分吸収(万が一、失敗しても大丈夫)」と書かれてあったことです。
「3回おしっこしたらもれてしまうの? 外では心配で履かせられないのかな」と思っていたのですが、もれることはありませんでした。

チョロッとした1回もカウントに数えていたのですが、しっかりとおしっこをすることを想定して「おしっこ3回分吸収」と書いてあるみたいです。
5時間くらいつけていたことがあったのですが、おしっこがもれることはありませんでした。
ちゃんとおむつを替えていれば、吸収の機能的には普通の紙おむつとそんなに変わらないと思っていてよさそうです。

おしっこ吸収シート後ろ
心配していた「後ろの吸収シートが短い」という問題ですが、お昼寝や夜中はぐっすり寝て欲しいので、普通の紙おむつを履かせています。
寝ているときに履かせても意味がないし、卒業パンツは高いので。

男の子は前面がしっかりしていれば大丈夫だろうし、女の子の小河童ちゃんでも、おしっこが後ろからもれることはありませんでした。

後ろの吸収体が短いからか、おしっこをすると前がモリッと膨らみます。

卒業パンツの効果? トイレに行く回数が増えた!

パンパース卒業パンツ
卒業パンツを履いた小河童ちゃんの様子は、相変わらず「おしっこ出たら気持ち悪い?」と聞いてみても「気持ち悪くない!」と答えます。

買った意味がなかったかなと思ったのですが、トイレに誘うと行ってくれる回数が増えました
やっぱり、多少なりとも不快感はあるのかな。

卒業パンツに変えて2週間ほど経ちますが、まだ「布パンツイヤ! しまじろうパンツ!」というのは変わりません。
最近では「5歳になったらね^^」と言っています。(オイオイ…)

ですが、トイレでおしっこが成功する回数が増えれば、おむつがぬれたときの不快感が嫌で「パンツがいい!」と言い出すかもしれません。
しばらくは、トレーニングパンツを履いて、おむつの気持ち悪さを体感してもらおうと思っています。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

error: Content is protected !!