赤ちゃん、子どもの子育て・育児ブログ。ベビー服、イヤイヤ期の実体験を元にした対処法、ベビーグッズの口コミなどをご紹介!

子ども用日焼け止めマミーを使った口コミ!ウォータープルーフで水あそび用に

公開日:

マミー日焼け止め
ベビー・子ども用の日焼け止めは、たくさん販売されているので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

小河童ちゃんは、今年から幼稚園。
こまめに日焼け止めを塗りなおせないし、プールもあるのでウォータープルーフの日焼け止め「mommy UVアクアミルク」を購入してみました。

実際に使ってみた口コミや、子どもに使う日焼け止めの選び方などをご紹介します。

ベビー用日焼け止めの選び方

日焼け止め
日本小児皮膚科学会が発表した「保育所・幼稚園での集団生活における紫外線対策について」に、小さな子どもに使うのにおすすめの条件が記載されています。

  • 「SPF15以上」、「PA++ ~ +++」を目安
    ※普通の生活においては、むやみに SPF の値の高いものを使う必要はありません。
  • 「無香料」and「無着色」の表示があるもの
  • プールでは「耐水性」or「ウォータープルーフ」表示のもの

ちょっと数値が弱いかなと感じてしまうかもしれませんが、子どもに使う日焼け止めなので、SPF値が高いものを使う必要はありません。

SPF値が高いものを選ぶより、肌にやさしい低刺激の日焼け止めを2〜3時間おきに塗ってあげましょう。

マミー「UVアクアミルク」の成分

成分

全成分

水、PG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ペンチレングリコール、ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、グルコシルセラミド、アセロラ果実エキス、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、キイチゴエキス、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、イソノナン酸イソノニル、PPG-7/PEG-30フィトステロール、PEG-30フィトステロール、PEG-10水添ヒマシ油、エチルヘキシルグリセリン、(ジメチコン/フェニルビニルジメチコン)クロスポリマー、α-グルカンオリゴサッカリド、ベタイン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、水酸化K、キサンタンガム、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、(アクリレーツ/イタコン酸ステアレス-20)コポリマー、PEG-5フィトステロール、EDTA-2Na、BG、BHT、デキストリン

マミー「UVアクアミルク」は、80%を食品成分(※食べ物ではない)でつくられています。

保湿成分のホホバオイル、アセロラエキス、アロエベラ葉エキス、木いちごエキス、セラミド・コラーゲン、ヒアルロン酸配合。
日焼け止めを塗ることで、乾燥しがちな夏の肌にうるおいを与えます。

5つの無添加

無添加
マミーUVアクアミルクは、5つの無添加。

  1. 着色料
  2. 香料
  3. 防腐剤
  4. 鉱物油
  5. アルコール

「保育所・幼稚園での集団生活における紫外線対策について」に記載されていた、着色料と香料は使われていません

マミーの日焼け止めには、2種類の紫外線吸収剤が使用されていますので、赤ちゃんへの使用は注意しましょう。
推奨年齢は、1歳からとなっています。

SPF、PAの値

SPFとPAの値
SPFとPAの値は高め。

  • SPF50
  • PA++++

日常生活では、ここまで数値の高いものは必要ありません。

海や山でも、SPFとPAは以下の数値がおすすめとされています。

  • SPF20~40
  • PA++〜+++

海であそぶことを考えても、ちょっと高めの数値ですね。

私自身、購入するときに「ちょっと、数値が高いなぁ」と、ためらいました。
ですが、近所の薬局で販売されている子ども用のウォータープルーフ日焼け止めは、マミーしかなかったので、試しに買ってみました。

3歳の小河童ちゃんの肌は強いほうなので、問題なく使えています。

マミー「UVアクアミルク」を使った口コミ

マミー「UVアクアミルク」
マミー「UVアクアミルク」は、右上に赤ちゃんの絵が書いてあるので、ベビー用の日焼け止めかと思ってしまいますが、推奨年齢は1歳から

紫外線吸収剤を使っていますので、アレルギーテスト済みですが、赤ちゃんに使うときは注意してください。

ミルクタイプの日焼け止め
マミーのウォータープルーフ日焼け止めは、ミルクタイプ。
チューブに入っているので、硬いクリームなのかと思っていましたが、乳液のようなミルククリームです。

伸びがいい
伸びがいいので、腕や脚などの広い範囲に塗りやすいです。

たっぷりと均一に塗らないと、日焼け止めの効果が得られないので、子どもの肌に塗るときは、たっぷりと重ね塗りをしてあげましょう。

塗り心地
たっぷりと日焼け止めを塗ってあげていますが、白浮きは気になりません。
時間がたつと、少しずつ肌の色となじんでいきます。

ベタつきはなく、自然な塗りごこちなので、たっぷり塗っても子どもは嫌がりません。

ウォータープルーフだけど、洗い流すときは石けんだけで簡単に落とせるのがうれしいです。

マミー「UVアクアミルク」は安い!

マミーUVアクアミルク
マミーのUVアクアミルクを選んだ理由は、ウィータープルーフという以外に、その値段。
割引がされていない価格で、50g 900円(税抜)

たっぷり入っているのに、このお値段はコスパがいいなと感じました。
子ども用の日焼け止めって、ちょっと高いんですよね。

楽天市場などで探せば、800円台で送料が無料のドラッグストアもありあました。
インターネット通販を賢く使うと、さらにお得になりそうですね!

マミー「UVアクアミルク」を使った口コミまとめ

マミー「UVアクアミルク」
いかがでしたか、マミー「UVアクアミルク」を使った口コミでした。

  • SPF50
  • PA++++

SPFとPAの値が高いのがちょっと気になりますが、ウォータープルーフで、価格もお手頃な子どもにも使える日焼け止めです。

保育園や幼稚園に行くとプールが始まるのに、日焼け止めの塗り直しができません。
「水あそびをしても落ちない日焼け止めを」と思い、マミーのUVアクアミルクを購入しました。

石けんで落とせるウォータープルーフの日焼け止めは、小さな子どもをもつママとしてうれしいポイントです。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

error: Content is protected !!