赤ちゃん、子どもの子育て・育児ブログ。ベビー服、イヤイヤ期の実体験を元にした対処法、ベビーグッズの口コミなどをご紹介!

【夏】赤ちゃんの家での過ごし方!エアコンの温度・湿度、服装のキホン

公開日:2015年7月20日   


暑い夏の日は、赤ちゃんが熱中症にならないか心配ですよね。

自分の子どものころを思い返してみると、クーラーなしでも風がとおると涼しかったので、扇風機だけで過ごしていました。
ですが、今は暑さが厳しく、猛暑の日も多くなっていますので、そういうわけにはいきません。

それでは、現代ではどのように、赤ちゃんと夏の暑い日を過ごせばいいのでしょうか。

赤ちゃんの体について知っておこう

赤ちゃんは、大人よりも体の水分量が多いので、とっても汗っかき。
汗腺の数は生まれたときに、ほぼ決まっているので、大人よりも体の小さな赤ちゃんの方が汗をかきやすいのです。

汗をよくかくので、あせもや脱水症になりやすいです。
こまめに汗を拭いて水分補給をしっかりとしてあげましょう。

赤ちゃんが夏に快適に過ごせる温度・湿度は?

夏クーラーエアコン
夏の10時〜14時は1日の中でもっとも暑い時間。
赤ちゃんの負担にならないように、外出は控え、できるだけ室内で過ごすようにしましょう。

赤ちゃんが過ごしやすい夏のエアコン温度は?

赤ちゃんが快適に過ごせる夏のエアコンの温度は26度〜28度

外気との差が、5度以内になるようにします。
(※だたし、30度を超える猛暑日は熱中症の危険があるので、5度以内というのにこだわらなくても大丈夫です。)
エアコンや扇風機の風が直接、赤ちゃんにあたらないように気をつけましょう。

適温かよくわからないときは、赤ちゃんの顔色や、背中や胸を触ってみて「汗をかいていないか」「冷たくないか」確認してあげてください。

手足が冷たくても大丈夫ですが、体幹が冷たいときは赤ちゃんが寒がっています。
お布団や洋服、エアコンの温度などを調節して、寒くないようにしてください。

赤ちゃんが夏に過ごしやすい湿度

赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は40%〜60%
湿度が高いと、熱中症になってしまう危険があります。

湿度を測るために、温度計と一体になった湿度計を準備しておくと安心です。

夏のお風呂

お風呂・シャワー
暑い夏の日のお風呂の温度は、38度で少しぬるめにします。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、あせもやかぶれができやすく、清潔にたもつ必要があります。
お風呂に入るときは、石けんで体を洗ってきれいにしてあげましょう。

夏は汗をよくかくので、1日1回〜2回シャワーを浴びるとさっぱりして快適に過ごせます。
冷たい水ではなく、ぬるま湯で汗を流してあげてください。
また、石けんを使用するのは、赤ちゃんの肌に負担がかかってしまうので、1日1回までとします。

夏の赤ちゃんの服装

夏の服装
夏は暑いので、赤ちゃんはたくさんの汗をかきます。
通気性がよく、汗をよく吸い取る素材のベビー服を着せてあげるといいでしょう。

赤ちゃんの服装は、キャミソールやタンクトップだと、冷房が効いた室内では肩が冷えやすくなってしまいます。
脇の汗を吸い取れるように、そで付きの服がおすすめです。

赤ちゃんが寒そうでなければ、肌着だけで過ごしても大丈夫。
小河童ちゃんは、暑い夏の日はコンビ肌着1枚で過ごしました。

おむつは、汗でムレやすくなっていますので、こまめに替えるようにしてください。
おむつかぶれをしてしまったら、早めに病院へ連れて行ってあげましょう。

着替えのかわりに「汗とりガーゼ」が便利!

汗をかくと体が冷えて、夏かぜをひいてしまうことがあります。
洋服は汗をかいたら、こまめに着替えさせる習慣をつけるようにしてください。

「何度も赤ちゃんの服を着替えさせるのは大変!」という場合は、背中に入れておく「汗とりガーゼ」があります。

汗をかいたら背中からこのガーゼを取り出し、新しいものに交換してあげればいいので、外出中などすぐにお着がえができないときに便利です。

我が家では1日5枚くらい使っています。
たりなくなったら手洗いをしていますが、ガーゼなのですぐに乾きます。

暑い夏の日の過ごし方まとめ

水遊び
暑〜い夏。
体温が高く、汗っかきの赤ちゃんには、辛い季節です。

少しでも快適に過ごせるように、室温や湿度に注意しましょう。

  • エアコンの温度:26度〜28度
  • 湿度:40%〜60%

赤ちゃんが過ごしやすいエアコンの温度や湿度を参考に、部屋の環境を整えてあげてくださいね。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

error: Content is protected !!